ペットホテルを育てるようになると 雨が好きになる。
ペットホテルを育てるようになると 雨が好きになる。
ホーム > 事故の後遺症 > ※※子供の頃の交通事故にあった経験談※※

※※子供の頃の交通事故にあった経験談※※

子供の頃の経験です。今年42歳になるのでもう30数年前になると思います。流石にそんな昔だったらその出来事の経緯は中々思い出せないもんですがバイクに轢かれた経験があります。

 

 

昼間の事故でした。場所は実家の近くの横断歩道でもちろん信号もちゃんと着いていてしかも横断中の旗も設置してあって普段から横断する時はその旗をもって渡っていました。

 

学校の帰りだったでしょうか友達と一緒に帰って、別れて横断歩道を渡っていました。

そこを渡りきろうとした時、原付のバイクが飛び出してきました。スピードも出ていたのか勢いも

着いていたのか私は跳ね飛ばされました。そして歩道と道路の段になっている境目の所に腰(脊髄の近く)を打ち付けました。

 

その衝撃で手に持っていた駄菓子も落としてしまったのですがうずくまる事も無く

泣き叫ぶ事も無く、痛さも感じたのですが普通に起き上がっていた事を覚えています。

原付を運転していた男性は抱き起こしてくれて謝罪をしてくれたのですが落として駄目になった駄菓子を買ってくれて、そのまま帰って行かれました。家に帰った時は両親や姉も驚いていましたし

まず、なんで事故を起こしたその男性は帰ったのか?という話になっていました。

その事故の後遺症というのかわかりませんが、私の背骨、ちょうど腰の部分は不自然に曲がっています。若干ズレている感じでしょうか。

 

あの時、事故を起こした男性がすぐ病院に連れて行ったり、昼間の事故だったので子供が轢かれた状況で誰かが両親に連絡してくれてたらこういう後遺症は無かったのかなと今更ですが思います。